15分で読める感動実話 心に響く小さな5つの物語

プレゼントしたくなる本

『心に響く小さな5つの物語』は、プレゼントとしても大変喜ばれています。 お世話になった上司に、学生時代の恩師に、仕事に悩んでいる部下に、愛する我が子に、ご両親への感謝の気持ちにかえて……、あなたの感動をぜひ大切な方へお伝えください。

写真画像

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

写真画像

徳島市と小松島市の全小学校45校に寄贈

今年の4月で弊社が創業25周年を迎えるにあたり、記念事業として何をするかを社内で話し合いました。 その結果、創業の地である徳島県小松島市と、徳島市の市内全小学校45校に本書の寄贈を思いつきました。 以前、社員にもプレゼントをしたところ、「感動して涙が出た」「子供にも読み聞かせ中です」といった声が寄せられ、 この本をぜひ子供たちにも読んでもらいたいと思いました。 いまの時代はそうした感動を味わう機会が少ないように感じます。 本書を通じて、読書の喜びや自分自身の生き方について考える時間を持っていただければと願っています。

株式会社ファルコン社長 古野隆久様

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

写真画像

倉敷市内の全小学校(全63校)に寄贈

月刊『致知』愛読者の集い「倉敷木鶏クラブ(永田妙子代表世話人)」が
創立1周年を記念して、『心に響く小さな5つの物語Ⅰ・Ⅱ』を
倉敷市内の全小学校(全63校)に寄贈されました。

2014年2月15日に開催された記念講演会にて、
伊藤香織市長へ贈呈式が行われました。
(倉敷ケーブルテレビの17日夕方のニュースで紹介されました)

倉敷木鶏クラブ代表世話人・永田妙子氏

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

写真画像

今年も、地元の市の全小中学校に1324冊を寄贈

本書を地元の市の学校に寄贈するという取り組みを始めて2年目になります。 昨年、当社が創立20周年を迎えたことがきっかけで、 まずは木更津市内の412学級にⅠとⅡを合わせて824冊寄贈することになったのです。
「一度きりで終わらせてしまうより、毎年継続して行うほうが意義がある」 「費用は会社で半分、残り半分は社員全員で負担したい」という社員からの嬉しい声を尊重し、 今年は、袖ヶ浦市君津市富津市にIとⅡを合わせて1324冊寄贈。 その中の十人に一人、百人に一人でも本書の話が心に残り、 これからの人生を生きていく力になってくれればと願っています。

株式会社写楽館社長 野口義信様

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

『心に響く小さな5つの物語』が2,040冊寄贈されました!
(2012年07月11日)

【青森市内の全小中学校にプレゼント!】

青森市内で食品卸売業などを営む株式会社ヤマイシ様が、 このたび創業80周年を迎え、市への感謝の気持ちを伝えるために市への寄贈品として選ばれたのが、 弊社刊『心に響く小さな5つの物語Ⅰ・Ⅱ』でした。

7月9日(月)に青森市教育委員会への贈呈式が執り行われ、 『心に響く小さな5つの物語Ⅰ・Ⅱ』15セットを市内68校すべての小・中学校にプレゼントされました。 その総数は、2,040冊にもなります。

多くの感動の声が寄せられる本書が、一人でも多くの生徒の手に渡り、
子供たちの人生と日本の未来のために活かされることを願っています。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

写真画像

『致知』を読み続けて30年になりますが、 数年前からこの『心に響く小さな5つの物語Ⅰ・Ⅱ』を社員の子供たちにプレゼントしてきました。
そうしたら、子供たちからの感謝の手紙をもらったりして、その内容がとっても良かったんです。
おかげさまで当社は今年創業80周年を迎えました。これもひとえに地元の皆様のご協力のおかげでございます。
当社は先代の頃から、節目に救急車などの市民の皆様のお役に立つものを寄贈してきました。
さて、自分は何を寄贈することが地元の皆さんのお役に立つか。

そう考えた時に頭に浮かんだのが、この『心に響く小さな5つの物語Ⅰ・Ⅱ』でした。
子供たちは国の宝であり、地域の宝です。この本と出会い、夢を持つこと、困難に負けず人生を切り拓いていくこと、出会いや縁の大切さを知り、素晴らしい人間性を身に付けることは、必ずや未来の青森のお役に立つと信じて寄贈させていただきました。

株式会社ヤマイシ 代表取締役社長 石川 栄一様

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

沖縄全県公立小学校 274校へ寄贈

この度、沖縄全県公立小学校へ書籍「心に響く小さな5つの物語」を子供たちや読者の皆様に有益であることを心から願い、寄贈することにしました。

地方新聞各社にも取り上げていただき、遠くは離島の方からも礼状が届くなど、思った以上の反響があり、社員一同嬉しく受けとめております。
今後もこのような活動を、企業の社会的責任の一環としてとらえ、積極的に取り組んで参る所存です。

株式会社エマエンタープライズ
代表取締役社長 大城祐建

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

資生堂久喜工場・820冊を従業員に贈呈

モチベーションの低い職場ではよい仕事ができないと考え、感謝の気持ち、周りの人に対する思いやりあふれる職場づくりを目指す一環として本書を購入し、全員に贈りました。読みやすく短時間で読めて、かつ同じ全員が話題でコミュニケーションを図れるメリットがあります。また家族にも読ませたくなるような素晴らしい内容ですから、当社の社員だけでなく、その家族にも感動の輪が広がっていくのではないかと考えました。

久喜工場長 石本 潔様より

従業員の皆様の感想より
・人としても企業としても、大切なことを改めて教えてくれました。(40代・男性)
・ビジネスに通じるものが多々あります。自らの目標を達成するために本気になること、そのための努力を惜しまないこと、周りの人への感謝を忘れないこと。これを忘れず日々の仕事に取り組みたいと思いました。(20代・女性)
・この物語に出てくる人の心を私自身も持ちたいし、子供・孫にも持ってほしいと感じました。(50代・女性)